集客トレンド

本屋で立ち読み→毎月4万円のお小遣いがもらえることに・・・!?

それでは今日は、

日常の生活の何気ない行動も

アプリを使えばあっという間に不労所得に替えられる

というお話しをします。

 

 

 

 

《スポンサードリンク》

 

 

まずあなたは、日常生活を送る上で

「仕掛ける側の視点」と「仕掛けられる側の視点」

のどちらの視点で生活していますか?

おそらく多くの方は意識をしないと

「仕掛けられる側の視点」

で生活を送ってしまっているはずです。

「仕掛けられる側の視点」

というのは言い換えれば、

「金を取られる側の視点」

とも言えます。

つまり、

いち消費者という視点だけでは

お金を払う側から抜け出せないのです。

アプリビジネスに携わっている以上、

あくまでも”ビジネス”なわけですから、

常に「仕掛ける側の視点」

つまり「金を稼ぐ側の視点」

を意識して日常生活を送ってください。

なぜなら、

情報が溢れかえる現在の社会では、

1日に目にする広告の数は2000とも3000とも言われています。

テレビのCM、新聞の広告、折り込みチラシ、

フリーペーパー、ダイレクトメール、雑誌内の広告、

電車の中吊り広告、道路の看板、コンビニ内のPOP、

メルマガ、ポータルサイトのディスプレイ広告、PPC広告、

フェイスブック広告、YouTube広告、アプリ内の広告

などなど(汗)

オンラインとオフラインを合わせればキリがないくらい、

私たちの財布の紐をゆるめてお金を使わせようと

様々なマーケティングメッセージが飛び交っているのです。

ですから、

消費者の視点しか持っていない人は、

ついつい魅力的な広告に誘導されてしまい

気がついたらお金を使ってしまっているのです。

逆に言うとこの状況は非常にチャンスで、

「仕掛ける側の視点」

を持っていれば毎日がお金を稼ぐヒントの山でもあるのです。

ちなみにこの話を聴いて

「仕掛ける側の視点」

を持つことが出来たあるアプリ塾生は、

日常生活の中でほんの少し意識を変えて、

1つのアプリで毎月4万円の不労所得を得ることができました。

その方は、

今までは仕事の帰りに毎日本屋で雑誌を立ち読みして、

「この服欲しいなぁ」

「旅行行きたいなぁ」

消費者の視点だけ終わらせていたのを、

「今、どんな本が売れているのかな?」

と「仕掛ける側の視点」で、

「消費者がどんな物を欲しがっているのか」

を意識して本屋に寄るようにしました。

すると、

今までは目に入らなかった様々な情報が

目に入ってきたようです。

 

 

 

 

《スポンサードリンク》

 

 

つまり、

意識を変えてアンテナを立てただけで、

同じ環境からでも受信する情報が180度変わるのです。

あなたも経験ありませんか?

ハイブリッドカーを買おうかな?と思い始めた瞬間、

急に街中でプリウスやインサイトが目に入ってきたり。

その方は、

今までは気にもしなかった情報が

どんどん目に入ってくるのが面白くて、

いつもは通らない本のコーナーも見て回ったりしたそうです。

そこで、

あるジャンルのコーナーで大量に平積みされている本のコンセプトを

そのまま参考にしてアプリにしたら初月から大ヒット!

リリースするとすぐにAndroidアプリだけで月に2万円の報酬。

翌月はiPhoneアプリもリリースして同じく月2万円。

毎月合計4万円の不労所得を1つのアプリが

もたらしてくれるようになったのです。

これはこの人だけに起きた特別なことではなく、

あなたにも起こりうることなのです。

その方は、

今まで何年間も同じ本屋に寄って、

いつも雑誌を立ち読みをしていました。

でも実は、

そのいつもの日常生活の中に

お宝が落ちていたのです。

どうですか?

あなたも「仕掛ける側の視点」を持つ準備はできましたか?

あなたの”意識”と”行動”が変われば、

収入という”結果”も変わります。

何か特別なノウハウを探し求めたり、

一攫千金の甘い話に誘惑されるのはやめて、

「仕掛ける側の視点」を持って

あなたの身の回りに落ちている”お宝”に気付いてくださいね。

それでは、今日はこのへんで。

 

 

 

 

《スポンサードリンク》

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です